家づくりで失敗しないための大事なお話 第3話【全7話】

みなさまこんにちは。今日は前回につながる住宅ローンのお話をします。

マイホームを住宅ローンで購入される方は絶対に知っておかないと、後々とんでもないことになってしまう
可能性がある、最大の問題は「住宅ローンの選択」です。

今、日本における住宅ローンの種類(商品)は、5000種類を超えると言われるほどサービスは
多様化しています。
一生に一度しかないマイホーム購入のために、5000種類もの住宅ローンから自分にピッタリの商品を
探すことなどほぼ不可能なのです。

だからと言って、適当に選んではいけません。まして、金融機関や住宅会社が勧めるものには
注意しなければなりません。

金融機関が勧める住宅ローンとは、その金融機関の商品だけ提案してくれます。
当たり前といえば当たり前のことなのですが・・・。

5000種類もある商品のなかで、その金融機関で扱っている商品は多くても20種類程度です。
残念ながら、自分にピッタリの商品が存在する可能性は限りなくゼロに近くなります。また、先ほどもお伝えしたように、金融機関はお金を貸し、利息を得ることを仕事にしているわけですから、出来るだけ利益の上がる商品や、なるべくリスクの少ない商品を提案してきます。

ですので、この金融機関だけと限定して相談することは、出来る限り避けた方が良いと考えます。

一方の住宅会社、一概には言えませんが、住宅会社が扱っている住宅ローンは、ほとんどの場合、
「当社提携ローン」と言って、主要取引のある金融機関の住宅ローンを提案します。

そこには、金利優遇キャンペーンなど一見、喉から手が出るほど魅力的な商品に見えるのですが、
そのほとんどが「変動金利」と呼ばれる種類の住宅ローンとなっており、リスクの大きい商品です。

すべての提携ローンがダメだということではありませんが、あなたに合った商品かどうかは全くの別物です。
よく考えて決める必要があります。

以上第3話でした!いかがでしたか?次回第4話では、住宅ローンの具体的な解説をお送りいたします。

お問い合わせ・資料請求は下記フォームより
お気軽にご連絡ください

必須お名前
必須ふりがな
必須メールアドレス
電話番号
必須お問い合わせ項目を選択してください 当記事について資料請求小冊子請求セミナー参加家作りのご相談見学会参加その他
必須選択項目について内容を詳しくご記入ください

(株)ワイズテックのプライバシーポリシーに同意する
プライバシーポリシー

コメントを残す