『木に囲まれて、のんびり過ごせる小さな図書館のある家』 配筋検査を行いました。

配筋検査とは、鉄筋コンクリート造建物の工事において、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。

CIMG4118

写真の様子はたまに目にしますよね(*^_^*)
配筋とは、鉄筋コンクリート造の建物における鉄筋の配置のことで、柱・梁・壁・スラブ・基礎など、それぞれの鉄筋の配置と、寸法・数量・種別などを示した図面を「配筋図」といいます。

また、コンクリートを打ち込む前に、この配筋図に基づいて正しく鉄筋が配置されているかを設計監理者がチェックすることを「配筋検査」といいます。

少し難しい内容ですが、どちらも、建物の耐久性や強度に直接影響するため、重要な検査です。CIMG4921

 

 

 

 

お問い合わせ・資料請求は下記フォームより
お気軽にご連絡ください

必須お名前
必須ふりがな
必須メールアドレス
電話番号
必須お問い合わせ項目を選択してください 当記事について資料請求小冊子請求セミナー参加家作りのご相談見学会参加その他
必須選択項目について内容を詳しくご記入ください

(株)ワイズテックのプライバシーポリシーに同意する
プライバシーポリシー