5つのこだわり
HOME > 5つのこだわり > 冬暖かく夏涼しい家

冬暖かく夏涼しい家

冬暖かく夏涼しい家イメージ写真

夏はひんやり涼しく、冬はぽかぽか暖かい、1年中快適な家づくりのポイントは、断熱と同時に気密が大切です。 気密性+断熱性を高める技術としては、夏の熱気や冬の冷気を室内に伝えないようにする「吹付断熱」や、サッシのガラス部を二重にした「複層ガラス」を採用。高断熱性+高気密性の家づくりは、省エネ効果が高いため冷暖房費の削減にもつながります。

断熱と同時に気密が必要

屋根裏・壁内・床下などに断熱層が無く、また気密性が低い場合、夏場は室内に熱が伝わりやすく、冬場は逆に熱が逃げやすくなります。冷暖房はこの「熱損失」に大きく左右されます。

断熱構造イメージ図

建物にほんの少しの隙間があれば「漏気」が生じ、冬の寒さ・夏の暑さに悩まされることになります。断熱材を入れたとしても、気密性が保持されるかどうかはまた別の問題で、断熱材によっては内外の温度差によって内部結露を起こす場合があります。この内部結露はカビの発生原因になるなど、建物に悪影響を及ぼします。「断熱性」を選ぶ時は、「気密性」についても考慮することが大切です。

ワイズハウスでは一つの材料で「気密」と「断熱」が同時に確保できる泡断熱を採用しています。

屋根、壁、床のトータル断熱で生まれる理想的な快適空間

屋根、壁、床への断熱施工として、現場発泡方式の泡断熱を採用し高気密・高断熱の快適な住まいを実現します。

【屋根の断熱・気密】
屋根の断熱性を高める目的は、夏場は日射熱の侵入を防ぐことで屋根の火照りを抑えて冷房の効きを向上させ、冬場は暖房の熱を逃げにくくして、暖かい部屋の保温性を向上させるためです。断熱材の外側には通気層を確保しています。
【壁の断熱・気密】
隙間をシャットアウトする壁断熱。暖房熱の最大の逃げ道である「窓」から、室内の熱を逃げにくくし快適な室内環境にするためペアガラスを採用します。
【床の断熱・気密】
底冷えを防ぐ床断熱。床下から泡を吹き付けて隙間を無くすことで高気密が実現出来ます。
高気密断熱イメージ図ヒートショック対策イメージ図

現場発泡吹き付け断熱材(アイシネン)

施工後は天井や壁、床下に隠れてしまうものだけに、後々の取替えや補修が困難。だからこそ、断熱材選びに妥協は禁物。

発泡素材をスプレー機械を使って隅々まで吹きつける断熱材。
構造の複雑な部分にも隙間なく施工でき、結露の主な原因となる漏気がなくなるので結露がほとんど起きません。また、きめ細かな無数の気泡からなるアイシネンフォームが動かない空気の層として働き、高い断熱性能の持続を可能にします。

わずかな隙間もシャットアウト。だから高気密高断熱
アイシネンは建築現場で調合した原料を吹き付け施工(スプレー)する「現場発泡方式」が特徴です。フロンを使用せず、水のみで100倍に発泡する気泡は、わずかな隙間にもよく充填され、理想的な高気密・高断熱を実現します。また、シックハウス症候群の原因物質とされるホルムアルデヒドなどVOC(揮発性有機化合物)を一切含まない、人にも地球環境にも優しい素材です。

アイシネン

アイシネンは吹き付け後100倍に発泡したミクロのフォーム(泡)が構造上生じるわずかな隙間も埋め、高い気密性と断熱性を実現します。

    
アイシネン吹き付け作業イメージ写真