現場レポート
HOME > 施工事例 > 現場レポート > O様邸 配筋検査

現場レポート

2015年7月30日

O様邸 配筋検査

今日はO様邸の配筋検査でした。

 

 

IMG_5328

 

 

 

配筋検査とは、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。

 

コンクリートを打ち込む前に、配筋図に基づいて正しく鉄筋が配置されているかを設計監理者がチェックします。

 

建物の耐久性や強度に直接影響するため、重要な検査といえます。

 

 

配筋検査が済むと建物の基礎にコンクリートを流していきます。