2×4(ツーバイフォー)ってなあに?

最近、「2×4(ツーバイフォー)の家」ってよく耳にしませんか?

 

これは、木造住宅工法のひとつである、ツーバイフォー工法。つまり、住宅の建て方のことです。

 

もう少し詳しく言うと、日本の伝統的な住宅工法は「木造軸組工法」というものなのですが、同じ木造建築でも工法の違う「木造枠組壁工法」のひとつを指します。

在来工法の「木造軸組工法」が柱と梁の軸組によって組み立てていく、つまり“線”で家を組み立てるイメージで、

ツーバイフォー工法に代表される「木造枠組壁工法」は“面”で組み立てていくイメージです!

 

なぜ「2」と「4」という数字が出てくるかというと、家を建てるときにつかわれる角材のサイズが「2インチ×4インチ」であるためです。

1インチは約2.54センチメートルなので、ツーバイフォーの角材は、縦5.08センチメートル、横10.16センチメートルのサイズということになりますね。

この角材の大きさによって、他にもツーバイシックス(2インチ×6インチ)、ツーバイエイト(2インチ×8インチ)、ツーバイテン(2インチ×10インチ)…といった工法があります。

 

特徴

ツーバイフォー工法には柱はありません。

この均一サイズの角材と合板を接合してパネルを作ります。このパネルを柱や梁の代わりに壁、床、天井、屋根部分を構成し、それらを組み合わせて箱状の空間をつくられていることが大きな特徴と言えます。

角材の規格、釘の大きさや打ち込む間隔まで、様々なことが細かく決められており、既製サイズの角材に合板をあわせて組み立てていくという単純な工法であるため、高度な技術は必要ありません。

6面体の“箱”を横に並べたり、上に積んだり、箱の中を仕切ったり、箱の一部をくりぬいて窓などの開口部をつくるという考え方です。

歴史的背景としては、西部開拓時代のアメリカで、熟練の技をもつ職人が少ないという事情からツーバイフォー工法が広まり、標準的な木造住宅の工法となっていったようです。現在ではアメリカ、カナダの木造住宅の約9割がツーバイフォー工法と言われるほどで、世界各国に普及しています。

 

リット

施工する業者の腕によって品質が大きく左右されてしまう、日本の伝統的な住宅工法である「木造軸組工法」に比べて、ツーバイフォー工法に代表される「木造枠組壁工法」は、設計や施工がマニュアル化されており、家の品質が安定しやすいです。

マニュアル化されていることで、比較的工期が短めなのも特徴です。

また、“面”で構成されているパネルを使用した構造から、耐震性、耐風性が高く、地震や風といった外部要因に対して、耐性があると言われています。

そして、木造軸組工法でもできますが、構造的に高気密、高断熱化しやすいのもメリットとしてあげられます。

「耐火性能を持つ建物である」との認識から、火災保険の費用を抑えることもできます。

 

 

デメリット

“面”で作るからこそのメリットをお伝えしてきましたが、その逆も当然あります。

まず、大きな窓をつくることができません。開口部は「箱」の一部をくりぬいてつくることになるため、住宅を支える壁の強度が下がってしまうので、開口部を大きく取るのが難しくなっています

間取りにも制限があります。たとえば、リビングを広く取ることが難しかったり、木造軸組工法に比べて自由度は大きく劣ります

構造上必要な壁が多く、後から増改築するのも苦手です。壁を抜いてリビングを広くする・・・なんてことも構造上厳しくなります。

また、高気密、高断熱であるがゆえのデメリットではあるのですが、内外の温度差が大きくなるため結露が生じやすくカビやダニの発生の原因にもなります。そのため、結露対策が必要となりそうです。

そして、柱と梁が見える、純日本家屋にもツーバイフォーは向きません。ツーバイフォーには、柱もありませんし、梁は細い2×4の木材しか見えません。和風の家を建てようとしている方は、木造軸組工法など、他の工法で建てる方が無難です。

湿気に弱いということも挙げられます。建設施工中の雨にも弱かったり、湿気が抜けずに腐食の可能性があったり、木による温度調整が難しかったりします。

施工中に雨が降ると、木材が濡れ、多少なりとも影響があると思います。ツーバイフォーは上棟するまでに時間がかかりますので、雨は気になるところです。

ただ、今はこの点に関して、工場でパネルを作り、それを一気に立ち上げる業者もあります。それなら、施工の期間も短くなりますし、雨に濡れる危険性も少なくて済みますね。

 

 

まとめ

ツーバイフォー工法のメリット

・職人の技術や経験に左右されない工法のため、品質が安定しやすい

・マニュアル化されていることで、家づくりにかかる工期が短く済む

・“面”の構造から耐震性、耐風性が高い

・高気密、高断熱にしやすい

・耐火性にも優れている

 

ツーバイフォーのデメリット

・家の構造、間取りに制限がある

・開口部を大きく取ることができない

・あとから間取り変更を伴う大きな工事、リノベーションはできない

・高気密、高断熱であるがゆえに、内外の温度差が大きくなり結露が生じやすい

・和風の家には向かない

・湿気に弱い

 

ツーバイフォー工法は、元々は、北米で普及してきた工法ですので、日本の家にはあまり向かない工法かもしれません。

ただ、最近は、洋式の家を建てる方が多いのであまり気にならないのかもしれませんね。

さらに、日本は、地震の多い国ですので、耐震性に優れるツーバイフォーで建てたいという人もいるでしょう。

最終的には自分が建てたい家に合う工法かどうかです。

自由度の高い住宅やリノベーションを楽しむなら「木造軸組工法(在来工法)」を、安定性を求めるなら「ツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)」といえるかもしれません。

 

住宅工法は後から変更できないだけに、間取りやデザインといった分かりやすい住宅の特徴だけでなく、自分たち家族にはどんな工法が合いそうか家づくりの際にはあらかじめ考えてみるといいと思います。

 

WISE HOUSEは、「木造軸組工法(在来工法)」で家づくりをさせて頂いております。

間取りを自由に変えられるため、設計士としっかり話し合っていただき、思い通りにお家づくりが進められます。

そのため、お子様の成長に合わせて部屋の間取りを変えられる設計にされるかたも多くいらっしゃいますよ♪

無料相談もさせて頂いてますので、お気軽にお問合せ下さい(^^)

 

 

WISE HOUSE

あなただけのライフスタイルを家というカタチに…

HP:http://www.wise-house.jp

FB:http://facebook.com/wisehousenishinomiya